少し古くなってしまった鮪で

(血あい・アラの部分も)

ねぎま鍋をしました。

 DSC00349
↑日曜日の晩ゴハンです。

野菜は潔く、せりとネギのみです。

DSC00356
鮪は厚く切った方が良いです。

で、火はしっかり通します。


昔知り合いに連れて行って貰った

神楽坂のお店のねぎま鍋を再現。


出汁は昆布とカツオでとり、

生姜・酒・醤油のみで

極シンプルに味付けしました。


ちょっと濃いかな位がベストです。

DSC00358
本当は、冬の太~い葱が

美味しいんでしょうけど。


せりの代わりにクレソンでも美味です。
DSC00351
それと、人参シリシリ。

左奥に写っているのは

自家製コーレーグースです。


島唐辛子が手に入った時

(今年1月)に作ってみました。

c6e58cb9

↑熱湯で30秒さっと茹でて


粗熱を取っている図です。


このまま3~4日陰干ししておきます。


で、泡盛と一緒に

消毒した瓶に詰めます。

111d2ca9

島唐辛子を生のまま


泡盛につけると


赤が退色してしまうのですが


少し湯がいて乾燥させる事によって


綺麗な赤が続きますヨ。


もちろん、泡盛を足しても

綺麗な赤のままです♪

DSC00360
↑鍋の〆は、ねぎま茶漬けです。

(出来れば)雑穀米を器に盛り、

熱々の鍋の出汁を

上からかけるだけです。


雑炊にしたりせず、硬めのゴハンに

そのままかけるのが絶品です。


さらさらと

鼻に抜ける鮪の香りを楽しみます。


お刺身で食べるにはチョット・・・

なマグロがある時に是非♡





↓お弁当一覧を載せています♪
Instagram