今日はパパさん

お弁当要らない日だったので

息子はチャレンジ弁当で(笑)


・・・の前に、えっと

昨日まで寝坊しがちでしたが

今朝はスッと起きれました♪


何故かと言うと、あえて

キッチンを片さずに寝たからです。


朝、目覚ましが鳴って・・・

「あ~なんかヤバい気がする」

という危機感で起きました(爆)


でもソレを片付けてからの

お弁当作りだったので

結局ギリギリで

意味が無かったような(;^_^A

DSC05975
↑と言う訳で本日の息子弁です。

「お弁当でもトロトロ親子丼」


要は、あんかけ風に仕上げた

親子丼とそれとは別に

温玉を持たせただけですが(;^_^A


でも味見した限りでは

良い感じだったと思います。


材料≪お弁当2人分≫

☆鶏もも肉 1枚
☆玉ねぎ 半分
☆溶き卵 2個分

◎麺つゆ(3倍)100cc位
◎水 100cc位
◎砂糖 小さじ1位
(※お弁当用に濃い目です)

・小麦粉 大さじ1~
・温泉卵 2個

DSC05954
①スライスした玉ねぎと◎を

 鍋に入れ火にかける。

DSC05957
②鶏肉は一口大にカットし

 小麦粉をまぶす。

DSC05963
③フライパンに油(分量外)を熱し

 鶏肉を両面きつね色に焼く。

DSC05966
④玉ねぎが透明になったら

 ③を入れ溶き卵を流し入れ

 ひと混ぜして完成です。


肉に絡ませた小麦粉のトロミで

少しあんかけっぽい感じに。


濃さはお好みの煮詰め方で

宜しくお願いしますm(__)m

DSC05986
↑それを熱湯で充分に温めた

スープジャーに入れ、

温玉は割らずに持たせました。


あ、ちなみにググったところ

卵は殻を割らない限り

中身は無菌だそうなので

持ち運び時に注意すれば

この時期、温玉をお弁当に

持たせても問題ないそうです。


もちろん、個人差はありますし

夏場は止めた方が良いかもです。


DSC05960
↑ちなみに温玉は

 温玉メーカーで作りました。

DSC05980
↑中央の赤い容器には

紅ショウガが入ってます♪


今回はココポット(2段)の

下段のみ使用しております。

(蓋はキッチリ閉まります)


そうそう以前、中華丼の時

ぎっちり詰めたご飯の上に

具を全部かけて溢れさせ

ランチ風呂敷をドロドロにした

息子達(兄・弟共に)ですが。


これなら余白部分があるので

ご飯の上に親子丼の具を

考えなしにドバっとかけても

温玉を割って混ぜまぜしても

たぶん溢れないでしょう(笑)


(追伸:帰宅した息子曰く

 具は溢れなかったけど

 温玉は割る時こぼれたそう)

 DSC05949
↑最後に昨日の夕食です。

豆乳みそ鍋にしましたヨ。


豆乳をあまり好まない次男も

これは大丈夫でした。


覚書です☆4人分


◎水 1000cc
◎豆乳 300cc
◎味噌(白) 100g
◎鶏がらスープ 大さじ1~
◎ほんだし 大さじ1~
◎おろしショウガ 小さじ1
◎おろしニンニク 小さじ1
◎白ゴマ 適量 
◎ゴマ油 適量


スープの割合はこんな感じで。


大人は山椒とかラー油とか

トッピングして食べました~



宜しかったらコチラ↓も是非☆



↓登録ヨロシクお願いしますm(__)m



↓お弁当一覧を載せています♪
Instagram